『飛ぶ気がする』ではありません

最終更新: 8月14日

プロの試合が中止や延期され、ゴルフツアー観戦にも最高の季節のはずですが。。。



みなさんも感じているとは思いますが、プロゴルファーのYouTubeチャンネルがどんどん開設されていますね。



ラウンドの様子や練習風景はもちろん、ゴルフクラブのことやスイングについてトッププロがどんどんしゃべってくれています。



また、スイングも計測データが公開されたり、フィッティグ風景も目にすることが多くなってきていると思います。これまでは外国人プレーヤーが英語もしくはその他の言語で説明しているものが多かったですが、よく知っているプロが日本語で分かり易く説明していると、少々長い動画でも見てしまいますよね。



で、あくまでも見ているだけでは自分のスイングも良く分かりませんし、動画で撮影しても細かいクセなどはなかなか見て知ることができないと思います。



そこで!そうです、クラブフィッティングです!業界未経験の私が5年以上『ゴルフ工房』(←このゴルフ工房という言葉、あまり好きではありません)を続けていられるのも、計測機器の使い方とデータの意味、飛球理論(スイングではありません)を理解したうえでクラブをご提案しているからだと思います。



なので、クラブを中古ショップで買ってもいいと思います。でも、買う前にご自身のスイングの癖やインパクトの瞬間を客観的データで知ったうえでクラブを買ってみてはいかがですか?



最近の中古クラブショップでは3日以内なら買った価格の〇〇%で買い取りますなどとプレーヤーに非常に優しいところも多いですね。その3日以内に当店で計測してみてはいかがですか?計測データはいつも公平です。『気分』では変わりませんし、『飛ぶ気がする』ではありませんから。

最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com