また見つけてしまいました

SNSで『スライスとフェード』という記事があったので読んでみました。そななかでドローとの違いについても記されていますが、これまた誤解を招く表現やなぁ…と思いました。



フェードはドローよりも飛ばない

フェードはドローよりもスピン量が増える



と、解説しているのですが、左右に曲がる違いはスピンの回転軸の傾きによるもの、だということを大前提に認識してください。



そこで、一本のクラブでドローとフェードを打ち分けるとすると、クラブパス(スイングプレーンではありません)とフェイスの向きを変化させる必要があります。



そうすると、どうしても前述の『飛ばない』『スピン量が増える』ということになります。それは…(あーで、こーで、あれがこーなって、この場合はここがあーなるんで、こっちはこーなるからなんです)



ただ、フェードを打つため、ドローを打つためにセッティングされたクラブならば、スピン量も距離もかわりません。あくまでもスピン軸の傾きだけですから。




あー、一番大事なとこ、めんどくさくなってしまいました(-。-;

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の