また見つけてしまいました

SNSで『スライスとフェード』という記事があったので読んでみました。そななかでドローとの違いについても記されていますが、これまた誤解を招く表現やなぁ…と思いました。



フェードはドローよりも飛ばない

フェードはドローよりもスピン量が増える



と、解説しているのですが、左右に曲がる違いはスピンの回転軸の傾きによるもの、だということを大前提に認識してください。



そこで、一本のクラブでドローとフェードを打ち分けるとすると、クラブパス(スイングプレーンではありません)とフェイスの向きを変化させる必要があります。



そうすると、どうしても前述の『飛ばない』『スピン量が増える』ということになります。それは…(あーで、こーで、あれがこーなって、この場合はここがあーなるんで、こっちはこーなるからなんです)



ただ、フェードを打つため、ドローを打つためにセッティングされたクラブならば、スピン量も距離もかわりません。あくまでもスピン軸の傾きだけですから。




あー、一番大事なとこ、めんどくさくなってしまいました(-。-;

最新記事

すべて表示

飛球理論の「D-Plane徹底解説」という動画があったのでちょっと観ました。 ちょ…全世界に配信されるので、もう少しちゃんとしたほうがいいんじゃないかな… 一番大切なクラブパス(Club Path)については何の言及もなくて…H-PlaneとPathとAoAの関係があやふやすぎて…スピン軸のことも… 久しぶりにヒドイものを観てしまいました…(-_-;)

先日はラウンドレッスに同行させて頂きました。というより、レッスンもしっかりして頂きましたので私の感じたことを備忘録的に記事にします(誰も興味ないと思うので、読まなくてもいいです)。 久しぶりのラウンドだったため、できることを無理せず集中しよう、と自分なりのテーマを持ってスタートしていきました。 とはいえ、なかなかうまくいかず、バーディも取れたものの後半はセカンドショット以降がまとまらず、バタバタし