まだまだ不安定です

昨年からゴルフパーツ、特にシャフトとグリップの欠品が多く、納期に長い時間を要しています。



ここ最近は少し改善されているような感じですが、欠品や納期が未定など、パーツを組み立てる当店のような業態は厳しい状況です。



グリップにしてもまだ不安定であることから、お客様からの問い合わせなど慎重に対応しなければならない状況です。



そのため、ご迷惑をおかけするケースもまだまだあるかと思いますが、グループ店同士でパーツの都合をつけたりしながら対応しているのも事実です。また商品によってはすでに年末ごろ納品というものもあるようです。



そんな状況であるということ、どうぞよろしくご理解くださいますようお願いいたしますm(__)m

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の