もらい物クラブ

『クラブを見て欲しい』と。



ゴルフを初めて2年と少し。お父様からのお下がりやゴルフ仲間のお友達からクラブをもらってのセット。



データ計測では素晴らしいショット。以前に習ってた経験はあるようでした。打点も、球筋も安定してるのでクラブに注目していくと…



やはり、適切なものと、そうでないものが混じってのセットとなってます。



幸い、スイングが安定してるので上手く打てていますが、距離は大きく損してたり、アップライトにセットティングしたアイアンをお使いだったのでやたらと左に…。



ウッド系はリシャフトできるシャフトをお持ちだったのでリシャフト対応。アイアンは新たにセットで見直すことになりました。



クラブセッティングでお悩みや疑問があれば気軽にぶつけてみてください(^^)

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の