よく練習する方、ご注意ください

これまでのフィッティングや弾道チェックで、ある傾向があります。



・よく練習する方

・研究熱心な方



など、とにかく自分のスイングをより良いものにしたくて、ご自身の弱点や欠点をしっかり認識している方は本当にご注意ください!



え?なんで?欠点がわかってるから、それを改善しようと練習してるんじゃねぇか!



と怒られそうですが、そうです。欠点がわかってて、その癖を治すのが難しいと知っている方ほど陥りやすい傾向があるようなんです。



癖が治っているのを気付かずに、さらに練習して「やりすぎてる」方がいるんです



・自分はカット軌道だから

・ダウンブローに打てないから



でも実は日ごろの練習の成果で、インサイドアウトに振れていたり、しっかりとダウンブローにボールをとらえてたり。。。でもそれが行き過ぎて、いつの間にか殺人フックがとまらなくなってたり、アイアンの距離が落ちてたり。。。よくよくチェックしていると、それぞれやり過ぎてる方がいらっしゃいます。



そうすると、いざコースではイメージと違うボールが飛んで行って、途中でどうしていいかわからなくなって。。。



当店では練習にもフィッティングルームを使用していただいています。計測器を使いながら、場合によっては、そのデータを解説したり。。。フィッティングというよりも、マイクラブで計測してみませんか?スイングのチェックももちろん、ほかにもいろんな発見があるかもしれません。それを次の練習に活かすこともできますよ。まずはご自身を知ることが上達の近道です!

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の