よく練習する方、ご注意ください

これまでのフィッティングや弾道チェックで、ある傾向があります。



・よく練習する方

・研究熱心な方



など、とにかく自分のスイングをより良いものにしたくて、ご自身の弱点や欠点をしっかり認識している方は本当にご注意ください!



え?なんで?欠点がわかってるから、それを改善しようと練習してるんじゃねぇか!



と怒られそうですが、そうです。欠点がわかってて、その癖を治すのが難しいと知っている方ほど陥りやすい傾向があるようなんです。



癖が治っているのを気付かずに、さらに練習して「やりすぎてる」方がいるんです



・自分はカット軌道だから

・ダウンブローに打てないから



でも実は日ごろの練習の成果で、インサイドアウトに振れていたり、しっかりとダウンブローにボールをとらえてたり。。。でもそれが行き過ぎて、いつの間にか殺人フックがとまらなくなってたり、アイアンの距離が落ちてたり。。。よくよくチェックしていると、それぞれやり過ぎてる方がいらっしゃいます。



そうすると、いざコースではイメージと違うボールが飛んで行って、途中でどうしていいかわからなくなって。。。



当店では練習にもフィッティングルームを使用していただいています。計測器を使いながら、場合によっては、そのデータを解説したり。。。フィッティングというよりも、マイクラブで計測してみませんか?スイングのチェックももちろん、ほかにもいろんな発見があるかもしれません。それを次の練習に活かすこともできますよ。まずはご自身を知ることが上達の近道です!

最新記事

すべて表示

また見つけてしまいました

SNSで『スライスとフェード』という記事があったので読んでみました。そななかでドローとの違いについても記されていますが、これまた誤解を招く表現やなぁ…と思いました。 フェードはドローよりも飛ばない フェードはドローよりもスピン量が増える と、解説しているのですが、左右に曲がる違いはスピンの回転軸の傾きによるもの、だということを大前提に認識してください。 そこで、一本のクラブでドローとフェードを打ち

もらい物クラブ

『クラブを見て欲しい』と。 ゴルフを初めて2年と少し。お父様からのお下がりやゴルフ仲間のお友達からクラブをもらってのセット。 データ計測では素晴らしいショット。以前に習ってた経験はあるようでした。打点も、球筋も安定してるのでクラブに注目していくと… やはり、適切なものと、そうでないものが混じってのセットとなってます。 幸い、スイングが安定してるので上手く打てていますが、距離は大きく損してたり、アッ

イメージとの乖離

朝一番からのフィッティング。 アイアンの距離のばらつきがある。特にショートアイアンになるとなおさら、ということで早速、計測。 7番で155Y 9番で130Y 52度で・・・・ 6番も・・・ 参考までにドライバーも計測。 アレ?なんかおかしい。。。 いろいろお話を聞くと、これまでのゴルフで失敗してきたことや、悪い癖をなおそうと練習してきて、さらにラウンド中にもさらに。。。その結果、「振る」よりも「当

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com