イメージとの乖離

朝一番からのフィッティング。



アイアンの距離のばらつきがある。特にショートアイアンになるとなおさら、ということで早速、計測。



7番で155Y

9番で130Y

52度で・・・・

6番も・・・

参考までにドライバーも計測。



アレ?なんかおかしい。。。



いろいろお話を聞くと、これまでのゴルフで失敗してきたことや、悪い癖をなおそうと練習してきて、さらにラウンド中にもさらに。。。その結果、「振る」よりも「当てに行く」ことに意識が行き過ぎているのではないかと感じたので、イメージを変えてもらうために、少しお話もしました。原因はとにかくご自身を「過少評価」していたようで、その思い込みが本来の実力にフタをしてしまい、スイングスピードにもブレーキをかけているようでした。

客観的にデータをとって、解説もしたことで、よりご納得いただけたようでした。その結果、距離のバラツキもなくなり、それぞれの番手の距離にも変化が。



人間の思い込みやイメージで、結果が大きく変化するんだということを改めて感じた状況でした。

最新記事

すべて表示

また見つけてしまいました

SNSで『スライスとフェード』という記事があったので読んでみました。そななかでドローとの違いについても記されていますが、これまた誤解を招く表現やなぁ…と思いました。 フェードはドローよりも飛ばない フェードはドローよりもスピン量が増える と、解説しているのですが、左右に曲がる違いはスピンの回転軸の傾きによるもの、だということを大前提に認識してください。 そこで、一本のクラブでドローとフェードを打ち

もらい物クラブ

『クラブを見て欲しい』と。 ゴルフを初めて2年と少し。お父様からのお下がりやゴルフ仲間のお友達からクラブをもらってのセット。 データ計測では素晴らしいショット。以前に習ってた経験はあるようでした。打点も、球筋も安定してるのでクラブに注目していくと… やはり、適切なものと、そうでないものが混じってのセットとなってます。 幸い、スイングが安定してるので上手く打てていますが、距離は大きく損してたり、アッ

クラブを組むということ

「いい感じやわ」 「なんか打ちやすくなった」 「そうそう、この感じ」 リシャフトなどをしていると、と言われることが多くなりました。 まずはなぜ、組みなおそうと感じたのかを考えます。例えば、それがアイアンセットならば、各番手の長さや重量はもちろん、それ以外の要素もしっかり計測して、かつどんなことをおっしゃってたのか、どんなプレースタイルか、どんな振り方なのか、そんなことを想像しながら原因を探っていき

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com