イメージとの乖離

朝一番からのフィッティング。



アイアンの距離のばらつきがある。特にショートアイアンになるとなおさら、ということで早速、計測。



7番で155Y

9番で130Y

52度で・・・・

6番も・・・

参考までにドライバーも計測。



アレ?なんかおかしい。。。



いろいろお話を聞くと、これまでのゴルフで失敗してきたことや、悪い癖をなおそうと練習してきて、さらにラウンド中にもさらに。。。その結果、「振る」よりも「当てに行く」ことに意識が行き過ぎているのではないかと感じたので、イメージを変えてもらうために、少しお話もしました。原因はとにかくご自身を「過少評価」していたようで、その思い込みが本来の実力にフタをしてしまい、スイングスピードにもブレーキをかけているようでした。

客観的にデータをとって、解説もしたことで、よりご納得いただけたようでした。その結果、距離のバラツキもなくなり、それぞれの番手の距離にも変化が。



人間の思い込みやイメージで、結果が大きく変化するんだということを改めて感じた状況でした。

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の