カップインには

ショートゲームの記事が続きましたので最後はパッティング。



パターを買ってください、買い替えたほうがいいですよ、ではありません。



まず、一般的に売られているパターは長さやライ角やロフト角が似たようなものが多いです。



ただ、プレーヤーは身長も違えば、腕の長さ、脚の長さからの柔軟性も千差万別です。なのでパターフィッティングをしたうえでパターを販売しているところもたくさんあります。



『じゃあ、今使ってるパターは自分に合ってるの?』



という気持ちになるもの自然です。



そこでパターフィッティング(←この言葉あまり好きではありません)パッティング診断とでも言ったほうがいいですが、どのようなパッティングストロークをしているのかを知ることで、今使っているパターがご自身にマッチしているのかは分かります。



その結果をもとに長さであったり、ライロフトを調整したりして、より良い結果を目指します。『中古で買ったから…』『量販店で買ったから…』『友達からのもらい物だから…』いいじゃないですか!それがあなたにとってベストなパターかもしれません。ベストではなくても調整できるなら最高です。



それを知りたくないですか?PuttLab(パットラボ)を使ってパッティングデータを客観的に見て、クラブ調整に活かす、これが当店のパターフィッティング、いやパッティング診断です。



先ずはご自身のストロークを知ってショートゲーム、ゴルフというゲームを楽しんでほしいです!



パターフィッテイング、パッティング診断はこちらから




最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com