カーボンシャフトって

ここ数年、アイアン用のカーボンシャフトの進化には目覚ましいものがあります。



一昔前なら『カーボンシャフトって軽く過ぎて、柔らかすぎて、ダメだよ』なんて声も聞かれましたね。



近年は重量もしっかりって、硬さではスチール以上だったり、逆に軽くても硬くシャープなものもあります。



ただ、残念なのは、いまだに『カーボン?軽くて使えないよ』という声です。



そういったご意見をお持ちの方には極端に重くてハードなシャフトを振っていただくこともありますが、できればシャフト選びは先入観なしで幅広い視野で考えていただけるとゴルフがかわるかもしれません。



カーボン=軽い

カーボン=柔らかい



という概念を捨ててほしいものですね。

(画像はイメージです)

最新記事

すべて表示

フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。 打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。 お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。 (→私は心の中で『え?』っと思いました) 計測データを見ていくと、つまり『H−Plan

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com