クラブを組むということ

「いい感じやわ」

「なんか打ちやすくなった」

「そうそう、この感じ」



リシャフトなどをしていると、と言われることが多くなりました。



まずはなぜ、組みなおそうと感じたのかを考えます。例えば、それがアイアンセットならば、各番手の長さや重量はもちろん、それ以外の要素もしっかり計測して、かつどんなことをおっしゃってたのか、どんなプレースタイルか、どんな振り方なのか、そんなことを想像しながら原因を探っていきます。



で、「ほんの少し」の調整をしっかりやっていくと嬉しい反応が返ってきます。



「どうやったん?」



と聞かれることも多いですが、実は一つづつの作業をちゃんとやっただけなんです。重量差をどうやって調整するか、長さをどうするか、最近多いミッドサイズのグリップ重量でバランスはこうなる、とか。。。それを想定、計算して組んでいくと、当たりまえですがちゃんとできあがります。



たしかに、バラしたときに「え…?」というクラブもたまにありますから…

最新記事

すべて表示

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

よく練習する方、ご注意ください

これまでのフィッティングや弾道チェックで、ある傾向があります。 ・よく練習する方 ・研究熱心な方 など、とにかく自分のスイングをより良いものにしたくて、ご自身の弱点や欠点をしっかり認識している方は本当にご注意ください! え?なんで?欠点がわかってるから、それを改善しようと練習してるんじゃねぇか! と怒られそうですが、そうです。欠点がわかってて、その癖を治すのが難しいと知っている方ほど陥りやすい傾向

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com