クラブ調整、ライ角

クラブ調整といっても、長さを調整したり、ヘッドに重量を付加したり、グリップエンドに重量を加えてバランスを変化させてたり、グリップ交換一つとっても下巻きテープの枚数を変化させたり、グリップそのものを変えてみたり。また、ライ角やロフト角も変化させたり…これがパターを含めた14本にもなればその調整は多岐にわたります。



ひとつひとつは全部一度に説明できませんので、今回はライ角について過去の事例をもとにお話していきたいと思います。



ライ角を調整してもらったというお客様。ほかのお店で調整してもらったようです。そのお店での調整方法をお聞きしましたら、アドレスをもとに『少しフラットにしたほうがいい』とのことで調整されたようです。



すでにお分かりかもしれませんが、アドレスはアドレスです。ショットはスイングが始まって実際にクラブヘッドがボールにコンタクトするときのロフトだったり、ライ角を認識することが大切なんですけど、とご説明。



『たしかに・・・』と。



アドレスの状態でインパクトするゴルファーなんて1人もいません。それにあの一瞬を道具も使わず目で見るなんてありえません。それに必ずトゥダウンという現象も起きますから。もしそうしてるなら適当すぎます(;'∀')



適正なライ角かどうかを判断するのに高性能な弾道測定器も必要ありません。最も簡単にライ角を見るにはボールに線を引いて打つだけ。そうしたら写真のようになります。これがスコアラインと垂直ならばOKです。どちらかに『いつも、毎回』傾いているなら調整したほうがいいかもしれません。これはご自身でもできるので、ぜひやってみてほしいと思います。(ただ、練習場のボールに線引くのはちゃんと許可とってくださいね)


最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com