ゴルフというゲーム

クラブを扱っている当店ですが、プロに来ていただいてお客様のレッスンも行っています。



そこでスイングの話、ではなく、ゴルフというゲームのお話です。



その1 ティーショットで230ヤード飛ばして、

その2 セカンドショットでグリーン乗せて、

その3 2パットでパー!あわよくばバーディー!



という考え方、攻め方が『普通』と感じてしまいますが、それ自体がゴルフというゲームを難しくしているというのです。



では、次の考え方はどうでしょう?



その1 ティーショットは前に飛んで、次打てるところならどこでもOK、

その2 セカンドショットはグリーンなんか乗らないから、なんとなく近くに飛んだらOK

その3 アプローチ頑張って寄ったら最高!(ここは頑張る!)

その4 2パットでもボギー。



という風に考えてみてください、と言われます。



なるほど、そもそもパープレーなんて難易度が高いわけだから、ボギーでも90。はじめの考え方よりも、後半の考え方のほうが気分が楽。



セカンド打って、『たまたま』グリーンオンすることもあるし、乗らなくてもアプローチが寄って、ワンパットでパーなんてこともあります。そうすると90を切ることもそれほどでもなくなってきます。



ということはやはりショートゲーム(上の場合は第3打)とパッティングが重要になってきますね。



一番よくないのは、『ショートゲームに自身がないから150yでもグリーンを狙って、場合によっては200y近くてもグリーンに乗せようとして。またそのためにはしっかりとドライバーで距離と方向を求めて!』ということです。



逆に言うと『グリーンのそばまで行ったら何とかなるから、ティーショットはほどほど、セカンドもほどほど、そこからは頑張ってみる!』というほうが大崩れもなくなるということです。



ゴルフというゲームの考え方、参考にしてみてはいかがでしょうか?あくまでもプロのご意見ですし、事実私も普通に80台で回っていました(←過去形(^^;)最近は90打ちます(^^;)




最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

ラウンドレッスンで気づくこと

先日、雨のなかお客様とラウンドレッスンに行ってきました。 そう、雨です。 しかも、なかなかの雨量。。 予報は一日中雨。。。 中止も考えられましたが、せっかく予定も調整して、雨のゴルフもないわけではないので予定通り実施しました。朝からレインウェアフル装備のゴルフは久しぶりでした。 そんな雨のなかのプレーは少し気づかされることもありました。 まず、朝一番のティーショット。いつも『前に行ってくれたらOK

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com