ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。



確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。



ところが



先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代がゴルフをはじめたんですが、難しいからといって、もう辞めちゃったんです」と。



ゴルフブームに乗っかってゴルフをはじめてみたものの、余りにも難しいことに気づき、「これはムリやわ」とあきらめてしまったということなんです。



確かにゴルフというゲームは難しい。彼女とのデートコースにもなりにくい。やればやるほど、どう打っていいかわからなくなる。打っても打ってもコースでは上手くいかない。



それでゴルフから離れてしまったようです。一時的にゴルフ場が多くの人で増えましたが、ひょっとしたらこれは一時的なものなのかも、と。



ましてや、団塊世代があと数年で80代を迎えるとなると、本当のゴルフ人口は・・・



ちょっと怖くなったのでこれ以上は書きません・・・(・。・;




最新記事

すべて表示

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の

2021夏季休業のお知らせ

2021年8月10(火曜日)から15日(日曜日)まで夏季休業といたします。 WEB、Twitter、LINEなどのお問合せやご質問は常に受け付けておりますが、期間中はご返信が遅くなることもあります。 どうぞよろしくご理解くださいませ。