ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。



確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。



ところが



先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代がゴルフをはじめたんですが、難しいからといって、もう辞めちゃったんです」と。



ゴルフブームに乗っかってゴルフをはじめてみたものの、余りにも難しいことに気づき、「これはムリやわ」とあきらめてしまったということなんです。



確かにゴルフというゲームは難しい。彼女とのデートコースにもなりにくい。やればやるほど、どう打っていいかわからなくなる。打っても打ってもコースでは上手くいかない。



それでゴルフから離れてしまったようです。一時的にゴルフ場が多くの人で増えましたが、ひょっとしたらこれは一時的なものなのかも、と。



ましてや、団塊世代があと数年で80代を迎えるとなると、本当のゴルフ人口は・・・



ちょっと怖くなったのでこれ以上は書きません・・・(・。・;




最新記事

すべて表示

GW初日の雨の中、ご近所にお住まいの方からフィッティングのご依頼でした。 「一年半ほど使用しているアイアンセットと、数か月前に買ったアイアンセット、どっちが合っているかしりたい」ということでした。よくあるお話です。 世間話から「私」という人間と店の雰囲気に慣れてもらおうとゴルフの情報や取り組み方をお聞きします。 それを踏まえて計測した結果ですが、ほぼほぼ同じデータです。ですが、その中にも違いがあり