シャフトのスペック

フィッティングで性格の違うシャフトを振っていただく時、



『あ、これはさっきのシャフトより重くて柔らかいね』



とか、



『これは結構しっかりしてるけど、軽いかな?』



とか。



ヘッドは同じ、何の事前情報もなく、振っていただくとこのような感想がかえって来ます。あ、当店でのフィッティングは目隠しシャフト(真っ黒)なので、銘柄もメーカーも重さもフレックスも分かりません。

(下の画像です)













これで感じることは、何の情報もなければ、意外なシャフトが合っていたりすることも良くあります。冒頭のお客様からの感想で、重量は軽くしたのに、フレックスを一番柔らかくすると最初の感想になることが多いですし、重量を重くしてもフレックスを硬くすると軽く感じることも多いですね。



ましてや、フレックスは各メーカーの共通指標でもなく(←ここ重要)メーカーが単独で決めたものなので、メーカーが違えば、モデルが違えば、フレックスは全然違うものになります。



ゴルフギア情報のあふれる今、多くの人のインプレッションはその人それぞれの感じ方ですし、その人の基準もそれぞれです。シャフト選びで今までなかなかうまくいかない方はスペックや、製品の先入観なしで選んでみることもいいかもしれません。

最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。 打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。 お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。 (→私は心の中で『え?』っと思いました) 計測データを見ていくと、つまり『H−Plan

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com