ショートゲームが大切、とは?

はい、タイトルそのままです。




コンスタントに90台前半でラウンドしたい方、100切りを目指している方や、最近ラウンドし始めて、スコアはまだまだだけど、楽しくなってきた方、本当に大事です。




でも




「ショートゲームの手前でミスするねん」

「200ヤードぐらいのショットが問題やねん」

「ショートゲームの前にアイアンしっかり打ててないねん」

「うまい人はそーゆーけど、それ以前の問題やねん」

などなど




めちゃくちゃよく聞きます。

はい、私もはじめはそう思ってドライバーの練習やファエウェイウッドとか、5番アイアンとか、一生懸命練習してコースに行ってもスコアは改善されず。。。




ある時プロに

私  「ショートゲーム以前の話やねん」ということを話したら、

プロ 「じゃあ、どれぐらい(ウェッジなど)練習してます?」と聞かれ

私  「!!!!! あ、練習場では2~3割ぐらいかも」

プロ 「それじゃ、まだまだウェッジの練習足りませんね。」




などと話していいると、そもそも考え方の違いに気づかされました。




1.ショートゲーム(100ヤード以内、アプローチ、パター)を練習する

2.ウェッジでの距離感やイメージをしやすくなる

3.グリーンを狙うショットでも「まぁ外してもいいや」という気持ちになる

4.気が楽なのでいいショットが打てる

5.ということは、ティーショットは「次が打てたらラフでもOK」という考えになる

6.ティーショットが気楽になり、いいショットができる

7.距離のあるパー4やパー5でもティーショットで飛ばさなくてもいいことに気づく




常にスコア80台前半やシングルを目指す方は少し違うかもしれませんが、上記のような考え方になると、本当にゴルフが楽になります。ドライバーショット失敗しても全然クヨクヨしなくなります(笑)。




ショートゲームが大事というのはスコアに直結するということは間違いありませんが、100切を目指す方にはメンタル面でめちゃくちゃ大切な要素です。100切を目指すなら、90台ゴルフを目指すなら今日から練習はウェッジだけです!(極端かなww)

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の