ショートゲームという事は…

クラブのお悩みでご来店される方、または『今より飛ぶんじゃないか?』『もっと良くなるかも!』と、どうしてもドライバーに目が行きがちですが、前回のブログ記事でショートゲームの重要性を少しだけお話しました。



で、そうすると距離を稼ぐドライバーよりも、カップを狙っていくウェッジやパターはどうなんだろうと目を向けてみてください。



意外にもウェッジの溝が減っている方や、ウェッジのロフト設定がアンマッチな方、グリップがすり減っている方を見かけます。



ウェッジもパターもラウンド中は常に使うと思います。『ウェッジ2本とパター』とグリーン周りで毎ホール持っていませんか?そうです、一番使うクラブなんです。



だからドライバーに約10万円、リシャフトに5万円近く使うなら、ウェッジを見直してみてください。新しいクラブになると、自然に練習量も増えますし、高く上げてみたり、スピンをかけてみたり、いろいろ遊びたくなるものです。その結果アプローチが得意になったり…。



ドライバーを買い替えて、簡単に10yも20yも飛距離が伸びるものではありません。それよりもスコアメイクをするならば、間違いなくショートゲームです。



先ずはウェッジのミゾ、みてくださいね。



一押し(?)のウェッジ AKIRA PROTOTYPE H9シリーズ


最新記事

すべて表示

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。 打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。 お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。 (→私は心の中で『え?』っと思いました) 計測データを見ていくと、つまり『H−Plan

『飛ぶ気がする』ではありません

プロの試合が中止や延期され、ゴルフツアー観戦にも最高の季節のはずですが。。。 みなさんも感じているとは思いますが、プロゴルファーのYouTubeチャンネルがどんどん開設されていますね。 ラウンドの様子や練習風景はもちろん、ゴルフクラブのことやスイングについてトッププロがどんどんしゃべってくれています。 また、スイングも計測データが公開されたり、フィッティグ風景も目にすることが多くなってきていると思

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com