ショートゲームという事は…

クラブのお悩みでご来店される方、または『今より飛ぶんじゃないか?』『もっと良くなるかも!』と、どうしてもドライバーに目が行きがちですが、前回のブログ記事でショートゲームの重要性を少しだけお話しました。



で、そうすると距離を稼ぐドライバーよりも、カップを狙っていくウェッジやパターはどうなんだろうと目を向けてみてください。



意外にもウェッジの溝が減っている方や、ウェッジのロフト設定がアンマッチな方、グリップがすり減っている方を見かけます。



ウェッジもパターもラウンド中は常に使うと思います。『ウェッジ2本とパター』とグリーン周りで毎ホール持っていませんか?そうです、一番使うクラブなんです。



だからドライバーに約10万円、リシャフトに5万円近く使うなら、ウェッジを見直してみてください。新しいクラブになると、自然に練習量も増えますし、高く上げてみたり、スピンをかけてみたり、いろいろ遊びたくなるものです。その結果アプローチが得意になったり…。



ドライバーを買い替えて、簡単に10yも20yも飛距離が伸びるものではありません。それよりもスコアメイクをするならば、間違いなくショートゲームです。



先ずはウェッジのミゾ、みてくださいね。



一押し(?)のウェッジ AKIRA PROTOTYPE H9シリーズ


最新記事

すべて表示

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

ラウンドレッスンで気づくこと

先日、雨のなかお客様とラウンドレッスンに行ってきました。 そう、雨です。 しかも、なかなかの雨量。。 予報は一日中雨。。。 中止も考えられましたが、せっかく予定も調整して、雨のゴルフもないわけではないので予定通り実施しました。朝からレインウェアフル装備のゴルフは久しぶりでした。 そんな雨のなかのプレーは少し気づかされることもありました。 まず、朝一番のティーショット。いつも『前に行ってくれたらOK

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com