スイングを客観的に

過去の事例から



『ドライバーでアウトサイド・イン、かつ上から(ダウンブロー)打つクセが強かったから、インサイド・アウトのアッパーブローのイメージでずっと練習してます』という方。



クラブフィッティングにご来店されたので早速計測に。



すると、練習の成果か、インサイドからクラブは出ていますが…確かにアッパーブローですが…両方とも極端すぎます(;'∀')



実際にデータで見ていただくとその極端さが分かっていただけたようですが、ではなぜそんなに極端になったかというと、たまにどスライスが出るらしく…



計測を続けると、その、たまに出るスライスがありました。よく見るとそのインパクトだけフェイスが極端に開いて当たっただけなんです。クラブパスやアタックアングルも基本的にはドロー、フックするはずなんですが、ミスも当然あります。そのミスがたまたまフェイスが開いて当たっただけなんです。でもそれを『カット軌道だから』『上から打つから』と一般的にに言われていることを鵜呑みにして練習に励んでこられたからですね。



ナイスショットもドローを通り越してフック。それを嫌がってペラペラスライス。その極端なスイングパスではそうなりますよね、と説明し、ご自身ではカット気味のスイングをしてもらうとナイスショット連発!



『これでええんか!』そうです。それでいいんです。クラブ替える必要ありません。



でも、こんな方には計測もせずに『やさしくつかまるクラブです』とか『左を気にせず叩けます』とか言ってヘッドやシャフトを販売することもあるんだろうなぁ。。。と感じたフィッティングでした。

画像はイメージ

最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com