スイングを客観的に

過去の事例から



『ドライバーでアウトサイド・イン、かつ上から(ダウンブロー)打つクセが強かったから、インサイド・アウトのアッパーブローのイメージでずっと練習してます』という方。



クラブフィッティングにご来店されたので早速計測に。



すると、練習の成果か、インサイドからクラブは出ていますが…確かにアッパーブローですが…両方とも極端すぎます(;'∀')



実際にデータで見ていただくとその極端さが分かっていただけたようですが、ではなぜそんなに極端になったかというと、たまにどスライスが出るらしく…



計測を続けると、その、たまに出るスライスがありました。よく見るとそのインパクトだけフェイスが極端に開いて当たっただけなんです。クラブパスやアタックアングルも基本的にはドロー、フックするはずなんですが、ミスも当然あります。そのミスがたまたまフェイスが開いて当たっただけなんです。でもそれを『カット軌道だから』『上から打つから』と一般的にに言われていることを鵜呑みにして練習に励んでこられたからですね。



ナイスショットもドローを通り越してフック。それを嫌がってペラペラスライス。その極端なスイングパスではそうなりますよね、と説明し、ご自身ではカット気味のスイングをしてもらうとナイスショット連発!



『これでええんか!』そうです。それでいいんです。クラブ替える必要ありません。



でも、こんな方には計測もせずに『やさしくつかまるクラブです』とか『左を気にせず叩けます』とか言ってヘッドやシャフトを販売することもあるんだろうなぁ。。。と感じたフィッティングでした。

画像はイメージ

最新記事

すべて表示

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策