スピン量について

ドライバーのスピン量は気になるところですね。



『2,500回転がいい!』とか

『3,000回転超えると多すぎる!』とか…



そこであるショットをご覧ください。

画像右下の3,290rpmがスピン量ですね。



では、実際のインパクトからボールが着弾するまでのスピン量はいくつでしょうか?



この時のボールの滞空時間は約6秒です。



3,290は分速なので、

3290÷60×6=328.9回転です。



仮に2,400rpmと計測された場合は、

2400÷60×6=240回転です。



どうですか?



決して着弾するまでに3,000回転もしているわけではありませんよ。



そこも踏まえてスピン量について考えてみてくださいね。

最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com