スリーブの使い方

スリーブ付きのクラブ、国内外とわずたくさんあります。



みなさんどのように設定されていますか?



メーカーによって、そのスリーブも様々です。



ロフトだけが変化するもの、ライ角だけが変化するもの、ロフトと同時にフェイスアングルも変化するもの、シャフトは回転せずに、クラブだけ変化するもの、フェイスアングルは変わってもロフトは変化しないもの…などなど。



でも結局は『スタンダード』になっている方が多いように思います。



『だって分からへんもん』が正直なところだと思います。



その『わからへん』を解決するのにフィッティングメニューを利用してください。マイクラブの測定でより理想的なインパクトを求めることは可能だと思います。



インパクト時のロフトやフェイスアングルでロスしている方もこれまで多く見てきました。せっかく調整できるクラブを使っているのでしたら、より理想的なDynamic LoftやFaceangleに近づけてプレーしてください。



マイクラブの測定メニューなら

30分 1,650円(税込)です。



下の画像から当店のフィッティング詳細ページが開きます。



最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com