ドローボールとフェードボール

さすがに最近は減ってきましたが



たまに『フェードが飛ばず、ドローが飛ぶ。』というお話。



確かに、プロは距離を少し抑えたいときにフェードを打って距離を調整するケースもあります。それは風だったり、ロケーションだったり、ライだったり、いろいろな要素を判断した上で大き目の番手で『よし、フェードで』となるわけです。



ドライバーの場合、ドローとフェードのClub PathとFace to Pathを考えたとき、結果的にドローではフェードよりDyamic Loftが少し立ちます。アイアンでも同じ番手で打ち分けた場合、フェードの方がロフトが寝ます。このときはPlaneだけを考えてもいけませんし、Angle of Attackも考慮することが必要です。どうしても見落としがちなAoAをしっかり見極めないとPath が真逆になってしまうこともあるからです。



上記の要素を踏まえてクラブとボールが衝突し、バックスピンが発生します。そのスピン軸の傾きで左に曲がっていくか、右に曲がっていくのかが決まるわけです。そう、Spin Axisです。



今さら『サイドスピン』なんて言わないでください。もちろん、上記のことを十分踏まえて分かり易く伝える語彙としては構いませんが、誤解を与えるような説明や理解をしないでくださいね。



この点は先日述べたD-Planeに当てはめれば明確なのです。



だから『飛ばしたいからドローに』ではありません。


最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com