ノーメッキウェッジ

更新日:6月24日

アキラからノーメッキウェッジの発売です!

7月下旬から発売予定ですが、少量生産とのことなので早めの告知です!



最近はあまり見かけなくなったノーメッキ。プロはノーメッキを使ってて、一度使ってみたいなぁ、と思ってる方も多いはず。



通常のメッキモデルを剥離して。。。という荒技もありますが、メッキをはがした分、数グラムヘッドの重量が軽くなるのでできれば純正ノーメッキがいいですね!



ロフト展開は52°と58°のみとなりますが、メンテナンスしながらさびていくノーメッキウェッジ、この機会にどうぞ!



ウェッジははっきり言って消耗品です。どんどん新しくしてアプローチ精度をあげていきましょう!


メーカーサイト↓

http://www.akira-products.co.jp/products_more/proto_h1_mbwedge.html


※下の写真とメーカーサイトはノーメッキではなく、通常モデルです。



最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の