パッティング数

1ラウンド18ホールのパッティング数でパッティングの良し悪しを判断することが多いと思います。



でも…



パーオンせずにアプローチが完璧で30㎝以内のパーパットと、パーオンして10メートルのバーティー。



この2つを同じ『1パット』とカウントしてもいいのでしょうか。どちらも1パットと同じで、バーディーの方がスコアもいいです。



ただ、ゴルフはティーショットからカップインまでを18回繰り返します。18ホールすべてボギーオンで1パットのパープレーと、すべてパーオン、2パットのパープレーではスコアは同じでもパット数は全く違います。



USPGAではSGP(ストローク・ゲインド・パッティング)という指標を使用しています。これは、『ショットがどの程度パッティングに貢献しているか』ということです。そうすることで、いいショットの結果パット数の減少につながったのか、ショットはイマイチでもパッティングが最高でパット数が減少したのかが分かるというものです。


(↑この画像からUSPGAのスタッツ飛べます)



ただ、これをアマチュアゴルファーが行うのは難しいのですが、個人的にはJGTOもぜひ取り入れてスタッツの一つとして公開してほしいと思っています。


最新記事

すべて表示

フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。 打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。 お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。 (→私は心の中で『え?』っと思いました) 計測データを見ていくと、つまり『H−Plan

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com