フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。



打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。



お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。

(→私は心の中で『え?』っと思いました)



計測データを見ていくと、つまり『H−PlaneやClub Path,AoAを見ていくと』基本的にはフック系のインパクトをしているんです。でもボールは右へ、そこからさらに右に曲がる。さらに安定感に欠ける原因…



→両方とも簡単でした。



実は『クラブを変えてスライスに』というお友達の発言のおかげで簡単だったんです。そもそもクラブを変えただけで、球筋が急に変わることはほぼありませんから、D-Planeをみてその答えがすぐにわかったんです。



最後にはその原因をすべてご説明し、その改善策の一つをお伝えすると…今まで通りのストレートから若干ドローの球筋に。



とても喜んでいただけた、かな?

お友達の方の飛距離にはびっくりしましたケド…(´゚д゚`)



今回はちょっとわかりにくい内容かもしれませんが、クラブを変えて、劇的に飛距離が伸びたり、球筋が急に変わったりすることはほぼありません。とにかく、なぜ、そんなボールになるのか、その原因が物理的に説明できれば答えはでてきます。



『①飛球理論を踏まえて②客観的データを③物理的に』です。

 ↑誰もが納得できます。

最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com