ロフトは大事ですが・・・

「クラブ選びにおいてロフトは大切」や「ロフト調整を自分にあわせて」というアドバイスやブログ、ニュースなどで目にします。



そうです、確かにロフトは大事ですが、インパクト時のロフト(ダイナミックロフト)がどのようになっているのかを知ることが大切です。



「それは理解できるけど、どうすればいいの?」と感じることも多いでしょう。



最近では多くのゴルフショップで弾道計測器を導入しているので、そういったショップなどで計測をしてみてください。



計測器によって、計測ポイントやその数値がどのようにはじき出されているのか、ロジックがそれぞれ違いますので、計測する際にはぜひ、その点を質問して理解してくださいね。



ティーアップして打つドライバー、地面から打つアイアン、それによってクラブの入射角も変わりますし、飛ばしたい場合、止めたい場合、など目的によってロフトは大きく影響します。つまりスピンロフトです。この考え方は一番重要だと思っていますので、飛距離などで悩んでいる方はロフトに関するデータを見るだけでも大幅に改善させることができるはずです。

最新記事

すべて表示

この暑いなか、ご新規のお客様にもご来店いただいています。本当にありがたいことです。ありがとうございます。 フィッティングやクラブの相談を受けるのが仕事なのですが、もちろん余談として「ゴルフはスポーツ?いやいやゲームなの?」みたいな楽しい話や、「このクラブやシャフトはどう?」などギアに関するお話もたくさんします。ほかにも「スイングでこんなこと聞いたけど、どーゆーこと?」とか「ああやって、こうやって、

参考になるかどうか…ただ間違いなくそのゴルファーさんにはフィッティングをしてお役に立てたようでした。そこで今回はどんな流れでフィッティングに入るのかを。 ゴルフを始めて1年未満の方でした。中古で購入されたクラブを使いながらも、ラウンド回数もあり100切も達成し、ますますゴルフに熱が入っていくタイミングでのご来店でした。 皆さんにお聞きするのですが、「なぜ初めてのご来店でフィッティングで来られたので

ヘッド、シャフト、グリップ、ソケットも加えると主に4つのパーツでクラブは成り立ってます。 ドライバーを組む場合はそれほど気になりませんが、アイアンセットを組むときにはとにかくパーツの重量を何回も何回も計測しています。 そこで気になるのが製品の精度です。 アイアンヘッドは番手ごとに約6〜7gの重量差があります。シャフトはウェイトフローのモデルでなければどの番手も同じ重量となるのが基本です。グリップも