ローリングシャッターです

昨日、久しぶりにローリングシャッター現象の話題となったのでブログ記事に。




正面からのスイングの画像が2枚送られてきました。

『シャフトってこんなにしなるの?』



大きくしなるケースもありますが、3,4センチ程度が大多数。



もし、弓のように湾曲したままインパクトしたら…ダイナミックロフトが大きくなって前に行くよりボールは上に上がってしまいますよね。



↓は『ゴルフ ローリングシャッター』で画像検索した結果。




ローリングシャッター現象はゴルフだけではありません。被写体とカメラのシャッタースピードの関係なので、プロペラ機ではこんな画像がたくさん出てきます↓



もし、ゴルフでこんなお話を聞いたらそっと教えてあげてくださいね。

最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com