何度書き直してもうまく言えない

先日、最近の発見や、偶然感じたことを思うままに『あーでもない、こーもない』という話をする機会が久しぶりにありました。



これまで、スイングや飛球理論をしっかりと三次元でとらえていたと思っていたことが、ひょっとしたらまだ不足しているのではないか、という点が出てきました。



ボールはクラブヘッドが物理的に衝突することで飛んでいく現象です。それにより飛んでいくボールにはそのインパクトの結果がすべて表れているのです。(あたりまえですけど(^^;))インパクトの瞬間は計測器で多くのデータが得られますが、その一瞬に至るまでの過程をもう少し考える必要があるんじゃないか、という話になったのです。いや、もちろん考えているんですけど、少し視点を加えてみることが必要なんだ、とか…うまく説明するのは難しいな…



そもそも『ゴルフはミスのスポーツ』と言われるぐらいなので、ここ一番のショットを求めるよりも、再現性を高くすることのほうが重要だということです。そのためには今までと違う視点でスイングを見たり、計測されているデータの重要性を検証したり…とにかくうまく言えませんが、再現性をグッと高めてくれることが意外にも簡単な手法でできるかもしれない、ということです。



しかも超簡単です。でも仮説です。簡単なので試す価値はあります。(((uдu*)ゥンゥン

最新記事

すべて表示

クラブを組むということ

「いい感じやわ」 「なんか打ちやすくなった」 「そうそう、この感じ」 リシャフトなどをしていると、と言われることが多くなりました。 まずはなぜ、組みなおそうと感じたのかを考えます。例えば、それがアイアンセットならば、各番手の長さや重量はもちろん、それ以外の要素もしっかり計測して、かつどんなことをおっしゃってたのか、どんなプレースタイルか、どんな振り方なのか、そんなことを想像しながら原因を探っていき

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com