何度書き直してもうまく言えない

先日、最近の発見や、偶然感じたことを思うままに『あーでもない、こーもない』という話をする機会が久しぶりにありました。



これまで、スイングや飛球理論をしっかりと三次元でとらえていたと思っていたことが、ひょっとしたらまだ不足しているのではないか、という点が出てきました。



ボールはクラブヘッドが物理的に衝突することで飛んでいく現象です。それにより飛んでいくボールにはそのインパクトの結果がすべて表れているのです。(あたりまえですけど(^^;))インパクトの瞬間は計測器で多くのデータが得られますが、その一瞬に至るまでの過程をもう少し考える必要があるんじゃないか、という話になったのです。いや、もちろん考えているんですけど、少し視点を加えてみることが必要なんだ、とか…うまく説明するのは難しいな…



そもそも『ゴルフはミスのスポーツ』と言われるぐらいなので、ここ一番のショットを求めるよりも、再現性を高くすることのほうが重要だということです。そのためには今までと違う視点でスイングを見たり、計測されているデータの重要性を検証したり…とにかくうまく言えませんが、再現性をグッと高めてくれることが意外にも簡単な手法でできるかもしれない、ということです。



しかも超簡単です。でも仮説です。簡単なので試す価値はあります。(((uдu*)ゥンゥン

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の