出揃いました!~AKIRA GL

AKIRA より PROTOTYPE GL シリーズからUTが発売されました。

ロフトは18°、21°、24°、27°の設定です。



ソールデザインは↓



アドレスした感じは↓

GLシリーズはなんといっても重量調整の幅が大きくできる、ということです。つまり、18°のロフトでも重量を増やして短くすることもできれば、24°を軽くして長くすることもできます。



GLはドライバーもFWもありますから、UTも加えると、本当に自分に合わせたクラブを製作することが可能です。クラブセッティングの見直しで強いアイテムになると思います。



製作する際には、ロフトだけでなく、長さや重量、どんなシーンで使いたいかなど、いろいろお話を聞きながらご提案したいと思います。価格は28,000円(税別、ウェイト別)です。

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の