top of page

出揃いました!~AKIRA GL

AKIRA より PROTOTYPE GL シリーズからUTが発売されました。

ロフトは18°、21°、24°、27°の設定です。



ソールデザインは↓



アドレスした感じは↓

GLシリーズはなんといっても重量調整の幅が大きくできる、ということです。つまり、18°のロフトでも重量を増やして短くすることもできれば、24°を軽くして長くすることもできます。



GLはドライバーもFWもありますから、UTも加えると、本当に自分に合わせたクラブを製作することが可能です。クラブセッティングの見直しで強いアイテムになると思います。



製作する際には、ロフトだけでなく、長さや重量、どんなシーンで使いたいかなど、いろいろお話を聞きながらご提案したいと思います。価格は28,000円(税別、ウェイト別)です。

最新記事

すべて表示

スイングプレーンはクラブヘッドがどのような軌跡でインパクトにむかっていくか、その軌跡が描く面はどのような角度になっているか、それによってボールがどのようにとんでいくかを解析すのに必要な要素です。 アウトサイドイン、カット軌道、スライスというワードはアマチュアゴルファーはあまり好きなワードではないかもしれませんね。 ゴルフ工房としては、改善したいことをクラブで何とかできないか、ということを考えてクラ

3月9日木曜日から3月12日日曜日までお休みします。 3月13日月曜日から通常営業いたします。 どうぞよろしくお願いします。

アイアンシャフトのご相談 「最近、左ひじを痛めるし、距離は落ちるし、シャフトを軽くしようかと思う」と。 お使いのクラブを拝見すると、うん、確かに重め、硬めです。 シングルプレーヤーさんで、ラウンド回数は月に6、7回としっかり。 「特に、150ヤードぐらいのショットの精度が悪くなってきた」と。 距離が足らなかったり、振りすぎて左に外したり、というミスが多くなっているようです。 「ひじも痛めていること

bottom of page