実は違うところに原因が…

ネットで調べていただいて、アイアンセットを新調したのでライ角確認をしたいとのご要望。お話で、『左にひっかける』ことがあるからライ角を疑っておられました。



早速、計測。



ボールの飛び出しが左、そこからフェード。



ただ、ソールはヒール側が浮いて、トー側が厚めに接地。



うーん。。。



各データを確認していくと。。。



ライ角の影響ではありませんでした。



少しアドバイスさせて頂くと明かな変化がありました。



『ご自身のイメージと実際の動きにギャップがあったようで、その点を計測データを見ながら客観的にご説明し、改善ポイントを明確にお伝した』ということでした。



お客様からの要望をお応えしようとしても、実は別の原因があったりすることも良くあります。しっかり理解しなければ、ライ角調整を500円×アイアン本数を無駄にお支払いいただくところでした。でもお客様とお悩みポイントを共有して原因を探っていくこと、それほど難しいことではありません。



お悩みや疑問があればお気軽にお問い合わせ、フィッティングにお越しくださいm(__)m

最新記事

すべて表示

何度書き直してもうまく言えない

先日、最近の発見や、偶然感じたことを思うままに『あーでもない、こーもない』という話をする機会が久しぶりにありました。 これまで、スイングや飛球理論をしっかりと三次元でとらえていたと思っていたことが、ひょっとしたらまだ不足しているのではないか、という点が出てきました。 ボールはクラブヘッドが物理的に衝突することで飛んでいく現象です。それにより飛んでいくボールにはそのインパクトの結果がすべて表れている

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

買わされそう(;'∀')

新しいお客様(^^♪ 前にチラッと覗いていただいて、本日はドライバーのご相談。 『とにかく飛ばなくて何とかしたい』と。でもつい最近、大手日本メーカーのクラブに買い替えたところ。 いくつかご質問してフィッティング。 解決したい点はすぐに見つかり、スリーブ付きだったので少し調整して、別のスパイスを加えてボールスピードも上がり、多すぎたスピン量も減りました(^^! ただそれまでは『買わ

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com