実は違うところに原因が…

ネットで調べていただいて、アイアンセットを新調したのでライ角確認をしたいとのご要望。お話で、『左にひっかける』ことがあるからライ角を疑っておられました。



早速、計測。



ボールの飛び出しが左、そこからフェード。



ただ、ソールはヒール側が浮いて、トー側が厚めに接地。



うーん。。。



各データを確認していくと。。。



ライ角の影響ではありませんでした。



少しアドバイスさせて頂くと明かな変化がありました。



『ご自身のイメージと実際の動きにギャップがあったようで、その点を計測データを見ながら客観的にご説明し、改善ポイントを明確にお伝した』ということでした。



お客様からの要望をお応えしようとしても、実は別の原因があったりすることも良くあります。しっかり理解しなければ、ライ角調整を500円×アイアン本数を無駄にお支払いいただくところでした。でもお客様とお悩みポイントを共有して原因を探っていくこと、それほど難しいことではありません。



お悩みや疑問があればお気軽にお問い合わせ、フィッティングにお越しくださいm(__)m

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の