工房のクラブ調整

ゴルフ工房というより、クラブの調整についていろいろ、本当にいろいろあります。



鉛テープでの重量調整や、ライ、ロフト調整、スパイン調整、ほかにもいろいろあるかもしれません。



鉛のテープで重量を調整するのは効果あるのかもしれませんし、いまはウェイト調整のできるクラブがたくさんあるので、調整できる範囲を超えて調整するには追加のウェイトも必要になるかもしれません。



ライロフトも必要に応じて調整するのは有効でしょうし、特にパターに至っては効果が最も表れやすいクラブだと思います。



ただ、どうしても『調整』の効果を感じにくいものが『スパイン』です。というより私は否定的です。0.2秒ほどのゴルフスイングでシャフトは何往復しなりますか?GEARSで確認したら、1往復、たまに2往復しているひとも。極々まれに3往復というひともいます。でも、ビヨンビヨンビヨン…と何回もシャフトを動かして…ましてや、シャフトに加わる力の差が大きすぎるし…しかも新品のシャフトにはメーカーさんが『ここがカーボンシートの合わせ目ですよ』ってちゃんと目印付けてくれてるし…で、シャフトの向きがあちこちに向いてカッコ悪いので調整はしません。








ただ、シャフトの抜き挿しをするので、工賃は稼げますけどね。1W,3W,5Wだけならまだしも、アイアンセットまでしたら…¥¥¥¥¥¥¥

最新記事

すべて表示

プラシーボとゴルフ

ゴルフに限らず、どんな業界でもプラシーボ効果はありますよね。それぐらい人間のアジャスト能力が優れているとも言えますが、逆に、不要な情報に振り回されるということもあると思います。 そうなると人間の脳で考えることで身体の動きを変えてしまい、本人が気づかないこともあるようです。 ゴルフクラブにおいても多くの思い込みや洗脳とまではいかないものの、宣伝文句、インプレッション動画など、「この製品はこうなんだ」

軽量シャフト!!

「待望の軽量モデル登場!」という感じの案内が届きました。 (そのままの文言ではありません) その案内を見るとUT用シャフトで100グラムオーバー。 うーん、重いなぁ… 40インチ程度の長さで、220グラムほどのヘッドで、ある程度のクラブスピードも欲しくなるクラブ。しかもライが良くない状況だったり、ラフでも安心して振りたいUTクラブ。 それで100グラム以上のシャフト、どうなのかなぁ… マイクラブの