左へのひっかけ

ゴールデンウイーク初日、大阪枚方は雨でした。



そんななか、一時間以上も車を走らせてアイアンフィッティングでご来店くださったご新規のお客様。



はじめは、「左へのひっかけが嫌なので、ライ角などクラブの調整をしたくて。。。」というご要望でフィッティング開始。



いくつかの原因を想定しながら計測を開始し、あわせてインパクト時のライ角も確認していきました。



いわゆるスイングプレーンのHPlaneは右向きで、AoAもしっかりダウン、ただでさえPathが右に向くのに、その二つの度合いが強く、さらにPathが右に。



ダイナミックライ角も踏まえ、クラブの調整よりもほかに原因があることがすぐにわかりました。



そのあとは、上記のH-PlaneやPath、AoAの説明をしながら左に曲がる原因を説明し、ご納得。さらに、Pathをできるだけまっすぐに向けるようにご説明すると、ナイスショットの連発です。



最後に「来てよかった」とお言葉いただきました。また何かあればご来店ください!





最新記事

すべて表示

飛球理論の「D-Plane徹底解説」という動画があったのでちょっと観ました。 ちょ…全世界に配信されるので、もう少しちゃんとしたほうがいいんじゃないかな… 一番大切なクラブパス(Club Path)については何の言及もなくて…H-PlaneとPathとAoAの関係があやふやすぎて…スピン軸のことも… 久しぶりにヒドイものを観てしまいました…(-_-;)

先日はラウンドレッスに同行させて頂きました。というより、レッスンもしっかりして頂きましたので私の感じたことを備忘録的に記事にします(誰も興味ないと思うので、読まなくてもいいです)。 久しぶりのラウンドだったため、できることを無理せず集中しよう、と自分なりのテーマを持ってスタートしていきました。 とはいえ、なかなかうまくいかず、バーディも取れたものの後半はセカンドショット以降がまとまらず、バタバタし