悩ませてしまいました

本日朝からのフィッティング。ドライバーではなく、FW、UT、ウェッジのセッティングなどを今年中に見直していきたいというお客様。



クラブについても大変詳しく、試打の機会を見つけては多くのシャフトを試されているようでした。



ゴルフ歴は6~7年ほどのようですが、100切は数回で、80台も2年でという私よりずっと上手なゴルファーさんです(;^ω^)



今回のテーマとしては、「リシャフトするならコレ」とほぼ決まっているモデルがあるようですので、それを想定してアイアンフィッティングをメインに進めました。



スイングの様子も参考にしながら計測データの確認をしていきます。ダウンブローでのインパクトになっているのですが、ダイナミックロフトに改善の余地ありです。そのダイナミックロフトも、スイングの様子を見ると原因はアレだな、と。その後も計測を進め、ほかのシャフトも試していただくと、同じようにスイングしているのにダイナミックロフトは改善。クラブパスも理想的に。AoAも理想的。すべてが一気に改善の方向へ変化しました。



内容は本当に簡単なのですが、ご自身のお考えとは真逆のことでした。



すぐにリシャフトはおすすめしていません。お考えとまったく違う内容でしたので、ゆっくりと悩んでほしいのです。余計なことをお伝えしたかもしれませんが、絶対に認識しておいてほしい内容をお伝えしただけなので、少し参考にしていただけると今後のゴルフが大きく変わる可能性はあります。



(抽象的すぎる表現ですいません)

最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の