top of page

打点は大切

ゴルフクラブはボールを打つほかのスポーツと少し違うところがあります。


野球やテニスなどの道具と違って、手で持つ点(グリップ)と打点が直線上になっていない、ということです。

動いているボールを打つことと、止まっているボールを打つという違いもありますが、それ以上に使う道具の性質が大きく違いますね。そのため、いちばん「おいしいところ」でボールをとらえるのが意外と難しかったりします。グリップの延長線上に「芯」があれば感覚的にとらえられるといわれています。なので、数センチのズレがゴルフが簡単ではない原因にもなっています。


だから、練習をする際にはクラブのどこでボールをとらえているのかを確認することは大切です。ドライバーなら直接飛距離に大きく影響しますし、曲がりにも当然影響があります。アイアンショットでは重要な距離感も、打点によっては大きくずれてしまいます。


そこで、簡単に打点の確認ができる方法を一つご紹介します。


マスキングテープです!


スコアラインにそって軽く貼り、そのまま打ちます。すると下段のようにボールの跡がはっきりとわかります。また少しはがして、貼りなおせばまた同じように使えます。(ヒールすぎる打点のクレームは受けつけませんww)


また、スコアラインにあわせて貼ることで、アドレス時のフェイス面の向きもわかりやすくなります。


フィッティングでは打点を理想的にすることも考えています。練習でもフィッティングでも打点は大切なので、みなさんも安くて簡単、何度でもできるマスキングテープ確認法をお勧めします!



最新記事

すべて表示

新年おめでとうございます 本日6日より通常営業スタートです 今年もまた多くの出会いがあれば嬉しいですし、すこしでもゴルフを楽しんでいただけるようにお手伝いしたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

本年も多くのお客様に出会えたことに感謝です。 ありがとうございます。 年末年始は12月29日(木)から1月5日(木)までお休みいたします。 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 皆様良い新年をお迎えくださいませ。 本当にありがとうございます。

bottom of page