持ち込みですけど…

当店はゴルフ工房です。ゴルフ場ではありませんし、ゴルフアクセサリーやゴルフウェアもありません。ゴルフクラブをメンテナンスしたり、リシャフト、リヘッドしたり。グリップ交換もしています。



また、クラブのフィッティングも行っていますが、それが全てではありませんし、ニーズにお応えできるようにしています。



じゃあ、持ち込みでのリシャフトはできるの?



基本的には持ち込みにも対応していますが、一切の保証はしていません。



一つの事例ですが、持ち込みでのリシャフトのお話。お預りしてヘッドを抜いたら…シャフトの先端の肉厚が薄くなっていて、強度が不安になったために、リシャフトそのものをお断りしたケースがありました。何度もリシャフトを繰り返していた結果だと思われます。



これは極端な場合でしたが、最近ではネットで多くのクラブやパーツが流通していますので購入される時はその点も踏まえてくださいね。



当店では出来るだけご要望にお応えしようと思いますが上記のように出来ない場合もありますのでまずはお気軽にご相談ください。




最新記事

すべて表示

クラブを組むということ

「いい感じやわ」 「なんか打ちやすくなった」 「そうそう、この感じ」 リシャフトなどをしていると、と言われることが多くなりました。 まずはなぜ、組みなおそうと感じたのかを考えます。例えば、それがアイアンセットならば、各番手の長さや重量はもちろん、それ以外の要素もしっかり計測して、かつどんなことをおっしゃってたのか、どんなプレースタイルか、どんな振り方なのか、そんなことを想像しながら原因を探っていき

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com