持ち込みですけど…

当店はゴルフ工房です。ゴルフ場ではありませんし、ゴルフアクセサリーやゴルフウェアもありません。ゴルフクラブをメンテナンスしたり、リシャフト、リヘッドしたり。グリップ交換もしています。



また、クラブのフィッティングも行っていますが、それが全てではありませんし、ニーズにお応えできるようにしています。



じゃあ、持ち込みでのリシャフトはできるの?



基本的には持ち込みにも対応していますが、一切の保証はしていません。



一つの事例ですが、持ち込みでのリシャフトのお話。お預りしてヘッドを抜いたら…シャフトの先端の肉厚が薄くなっていて、強度が不安になったために、リシャフトそのものをお断りしたケースがありました。何度もリシャフトを繰り返していた結果だと思われます。



これは極端な場合でしたが、最近ではネットで多くのクラブやパーツが流通していますので購入される時はその点も踏まえてくださいね。



当店では出来るだけご要望にお応えしようと思いますが上記のように出来ない場合もありますのでまずはお気軽にご相談ください。




最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の