新型コロナウィルス感染防止による営業のお知らせ

本日4月16日木曜日、当店は定休日ですが、昨夕、大阪府知事から改めて府内の休業要請について発表がありました。



休業要請の対象となる業種、業態、店舗面積などの詳細が発表されましたので内容を確認いたしました。



府が発表する「基本的に休止を要請する施設」のなかの運動施設(屋内ゴルフ練習場、屋内パッティング練習場)と商業施設(ゴルフショップ)に該当するため要請に従って休業することといたします。



100平方メートル以下の施設は感染防止策を徹底することで営業は可能となっていますが、当店はそれ以上ありますので休止施設に該当いたします。



よって基本的に営業を休止いたしますが、すでにお預かりしているクラブやご注文頂いているクラブのお渡しだけはご来店予定を伺った上で対応させていただきます。



まずは明日以降の対応としてお知らせいたします。お問い合わせはこれまで通り、メール、TwitterのDM、LINE、facebookページから受け付けております。




最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の