新型コロナウィルス感染防止による営業のお知らせ

本日4月16日木曜日、当店は定休日ですが、昨夕、大阪府知事から改めて府内の休業要請について発表がありました。



休業要請の対象となる業種、業態、店舗面積などの詳細が発表されましたので内容を確認いたしました。



府が発表する「基本的に休止を要請する施設」のなかの運動施設(屋内ゴルフ練習場、屋内パッティング練習場)と商業施設(ゴルフショップ)に該当するため要請に従って休業することといたします。



100平方メートル以下の施設は感染防止策を徹底することで営業は可能となっていますが、当店はそれ以上ありますので休止施設に該当いたします。



よって基本的に営業を休止いたしますが、すでにお預かりしているクラブやご注文頂いているクラブのお渡しだけはご来店予定を伺った上で対応させていただきます。



まずは明日以降の対応としてお知らせいたします。お問い合わせはこれまで通り、メール、TwitterのDM、LINE、facebookページから受け付けております。




最新記事

すべて表示

何度書き直してもうまく言えない

先日、最近の発見や、偶然感じたことを思うままに『あーでもない、こーもない』という話をする機会が久しぶりにありました。 これまで、スイングや飛球理論をしっかりと三次元でとらえていたと思っていたことが、ひょっとしたらまだ不足しているのではないか、という点が出てきました。 ボールはクラブヘッドが物理的に衝突することで飛んでいく現象です。それにより飛んでいくボールにはそのインパクトの結果がすべて表れている

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

買わされそう(;'∀')

新しいお客様(^^♪ 前にチラッと覗いていただいて、本日はドライバーのご相談。 『とにかく飛ばなくて何とかしたい』と。でもつい最近、大手日本メーカーのクラブに買い替えたところ。 いくつかご質問してフィッティング。 解決したい点はすぐに見つかり、スリーブ付きだったので少し調整して、別のスパイスを加えてボールスピードも上がり、多すぎたスピン量も減りました(^^! ただそれまでは『買わ

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com