気を付けていること

最終更新: 6日前

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。



現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。



イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。



イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策が大きく変わってきますから。



初めてお会いするお客様も多いですが、いろいろお話するので『うるさい!』と思わずにお話してください(;'∀')。


最新記事

すべて表示

フィッティング事例

ドライバーのシャフトフィッティングでの事例です。『3ヶ月ほど前にドライバーを買い替えた』ということをお聞きして早速計測。 打ち出し方向は右へ。高くあがり、捕まえられていない球筋で右にまがっていく。たまに左へ飛び出すなど、少し安定感に欠けける感じでした。 お友達は『クラブを買い替えて球筋がスライス系になった』と。 (→私は心の中で『え?』っと思いました) 計測データを見ていくと、つまり『H−Plan

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com