製品の精度

ヘッド、シャフト、グリップ、ソケットも加えると主に4つのパーツでクラブは成り立ってます。


ドライバーを組む場合はそれほど気になりませんが、アイアンセットを組むときにはとにかくパーツの重量を何回も何回も計測しています。


そこで気になるのが製品の精度です。


アイアンヘッドは番手ごとに約6〜7gの重量差があります。シャフトはウェイトフローのモデルでなければどの番手も同じ重量となるのが基本です。グリップももちろん重量差があっては困ります。


ただ、一部の製品については「え?」と思うほど重量が違ったり、重量ピッチが一定でなかったりします。


お持ち込みのシャフトやヘッドにはそういったものもありますので、その場合はちゃんとご説明させていただきます。


私としては、楽をする訳ではありませんが、それぞれのパーツの精度が高い、信頼性のあるメーカーを取り扱っているつもりです。精度がよくないと、6本から8本や9本のアイアンやウェッジを組む場合にはその重量を調整するのに多くの時間を要してしまいます。


なのでおすすめできるクラブはありませんか?と聞かれたら、高価すぎず、製品精度の高いものをおすすめしているつもりです。






最新記事

すべて表示

この暑いなか、ご新規のお客様にもご来店いただいています。本当にありがたいことです。ありがとうございます。 フィッティングやクラブの相談を受けるのが仕事なのですが、もちろん余談として「ゴルフはスポーツ?いやいやゲームなの?」みたいな楽しい話や、「このクラブやシャフトはどう?」などギアに関するお話もたくさんします。ほかにも「スイングでこんなこと聞いたけど、どーゆーこと?」とか「ああやって、こうやって、

参考になるかどうか…ただ間違いなくそのゴルファーさんにはフィッティングをしてお役に立てたようでした。そこで今回はどんな流れでフィッティングに入るのかを。 ゴルフを始めて1年未満の方でした。中古で購入されたクラブを使いながらも、ラウンド回数もあり100切も達成し、ますますゴルフに熱が入っていくタイミングでのご来店でした。 皆さんにお聞きするのですが、「なぜ初めてのご来店でフィッティングで来られたので

クラブとスイングの関係性は必ずある、と断言はしませんが、多少の影響はあると思います。 例えば、グリッププレッシャー(クラブを握るチカラ)が強い人はしっかりとクラブのグリップ部分を握りこむわけで、その結果、早く振ったり、思い通りの軌道を描いてインパクトさせているのでしょう。 ではなぜグリッププレッシャーが強くなるのかというと、「思ったよりクラブが重いから」なのかもしれません。 水の入った500mlの