言いたくない100切りセッティング

アベレージゴルファーという定義がよくわからなかったので、ググってみました。



すると、スコアが90から110ぐらい、平均100ぐらいのプレーヤーがアベレージゴルファーといわれるようです。100を切るゴルファーは全体の30%ほどとも言われています。



ということから、アマチュアゴルファーの多くが100切りを目指しているならば、ゴルフクラブのセッティングがどうなるのか、考えていきたいと思います。



スコア100を切るのに必要だと思うことを私なりに列挙します。(男性の場合を想定しています。女性のプレーヤーは飛距離でもう少し変わってきますのでご了承ください。)

  1. 150ヤード以上打てる(クラブはなんでもOK)

  2. グリーン上で4パットしない

  3. 9番以下で得意クラブがある

たぶんこれだけやと思います。(異論はあるかとおもいますが💦)



あとはアプローチやバンカーショットの経験があって、その練習をしていれば「技術的には」100を切れると思います。ただゴルフはメンタルスポーツともいわれているので、「技術的には」という条件での話です。



上記の条件だけを考えて、(私の場合ですが)ゴルフクラブセッティングすると…

  1. 7番~PWの5本

  2. ウェッジ2本

  3. パター

の8本になってしまいます。



で、それで100を切れるかというと、たぶん切れます。特別長くて難しいコースでなければ・・・



(ゴルフ工房としては商売になりませんので言いたくありませんが)



最新記事

すべて表示

飛球理論の「D-Plane徹底解説」という動画があったのでちょっと観ました。 ちょ…全世界に配信されるので、もう少しちゃんとしたほうがいいんじゃないかな… 一番大切なクラブパス(Club Path)については何の言及もなくて…H-PlaneとPathとAoAの関係があやふやすぎて…スピン軸のことも… 久しぶりにヒドイものを観てしまいました…(-_-;)

先日はラウンドレッスに同行させて頂きました。というより、レッスンもしっかりして頂きましたので私の感じたことを備忘録的に記事にします(誰も興味ないと思うので、読まなくてもいいです)。 久しぶりのラウンドだったため、できることを無理せず集中しよう、と自分なりのテーマを持ってスタートしていきました。 とはいえ、なかなかうまくいかず、バーディも取れたものの後半はセカンドショット以降がまとまらず、バタバタし