調子のいいときわるいとき

ゴルフの調子のいいとき、悪い時、アマチュアゴルファーなら多々あります。プロのプレイヤーでもその波は大なり小なりあります。

で、『調子のいい時』は何がよかったのでしょうか。ショット、パッティング、攻略方法、メンタル・・・いろいろあると思います。また、『調子の悪かった時』はそれぞれどうだったんでしょうか・・・。『パット数が30だったからパットが良かった』ではありませんよね。アプローチで寄せて1パットが多ければそれはパッティングがよかったわけではないかもしれません。ショットも悪くて、パーオンせずにアプローチが抜群に良かったのかもしれません。

何がいいたいかというと、フィッティングやレッスンでFlightScopeやPuttLabで計測するだけではなくて、『その時のショットデータ(パッティングデータ)を残しておく』ということで、調子の波にあわせて何がよくて何が悪かったのかを客観的データをもとに検証するのはとっても有効ですよ、ということです。

例えばFlightScopeでマイクラブのショットデータを計測して、それを保存しておくと、後で見返すと何がどう違うのかがよくわかります。闇雲に練習場でボールを打つのではなく、明確な練習ができますよね。

PuttLab でもそうです。(いまは調子が悪くできませんが…)

つまり、そういった活用方法で自身のデータを知るのは大切ですし、そういった活用もぜひしてほしいと思います。ちなみに料金はマイクラブの測定だけであれば1,500円(税別)で40分ご利用できます。

最新記事

すべて表示

プラシーボとゴルフ

ゴルフに限らず、どんな業界でもプラシーボ効果はありますよね。それぐらい人間のアジャスト能力が優れているとも言えますが、逆に、不要な情報に振り回されるということもあると思います。 そうなると人間の脳で考えることで身体の動きを変えてしまい、本人が気づかないこともあるようです。 ゴルフクラブにおいても多くの思い込みや洗脳とまではいかないものの、宣伝文句、インプレッション動画など、「この製品はこうなんだ」

軽量シャフト!!

「待望の軽量モデル登場!」という感じの案内が届きました。 (そのままの文言ではありません) その案内を見るとUT用シャフトで100グラムオーバー。 うーん、重いなぁ… 40インチ程度の長さで、220グラムほどのヘッドで、ある程度のクラブスピードも欲しくなるクラブ。しかもライが良くない状況だったり、ラフでも安心して振りたいUTクラブ。 それで100グラム以上のシャフト、どうなのかなぁ… マイクラブの