軽量シャフト!!

「待望の軽量モデル登場!」という感じの案内が届きました。



(そのままの文言ではありません)



その案内を見るとUT用シャフトで100グラムオーバー。



うーん、重いなぁ…



40インチ程度の長さで、220グラムほどのヘッドで、ある程度のクラブスピードも欲しくなるクラブ。しかもライが良くない状況だったり、ラフでも安心して振りたいUTクラブ。



それで100グラム以上のシャフト、どうなのかなぁ…



マイクラブのUTは振りやすいですw




最新記事

すべて表示

この暑いなか、ご新規のお客様にもご来店いただいています。本当にありがたいことです。ありがとうございます。 フィッティングやクラブの相談を受けるのが仕事なのですが、もちろん余談として「ゴルフはスポーツ?いやいやゲームなの?」みたいな楽しい話や、「このクラブやシャフトはどう?」などギアに関するお話もたくさんします。ほかにも「スイングでこんなこと聞いたけど、どーゆーこと?」とか「ああやって、こうやって、

参考になるかどうか…ただ間違いなくそのゴルファーさんにはフィッティングをしてお役に立てたようでした。そこで今回はどんな流れでフィッティングに入るのかを。 ゴルフを始めて1年未満の方でした。中古で購入されたクラブを使いながらも、ラウンド回数もあり100切も達成し、ますますゴルフに熱が入っていくタイミングでのご来店でした。 皆さんにお聞きするのですが、「なぜ初めてのご来店でフィッティングで来られたので

ヘッド、シャフト、グリップ、ソケットも加えると主に4つのパーツでクラブは成り立ってます。 ドライバーを組む場合はそれほど気になりませんが、アイアンセットを組むときにはとにかくパーツの重量を何回も何回も計測しています。 そこで気になるのが製品の精度です。 アイアンヘッドは番手ごとに約6〜7gの重量差があります。シャフトはウェイトフローのモデルでなければどの番手も同じ重量となるのが基本です。グリップも