認識違い

アイアンフィッティングのお客様。



まず、その方の計測データ。


ほぼ、同じようなスイングですが、これはミスヒットの打球データです。



右にすっぽ抜ける分かり易いデータなんですが、『右に飛ぶ=アウトサイドイン軌道』という認識をされていたようです。しっかりと計測データを説明して、右に飛ぶミスの原因もしっかりとご理解いただけたと思います。



客観的なデータを見ることでミスの原因もハッキリわかります。もし、今回計測していなければ、ミスを減らすため間違った方向にいくところでした。現状のクラブをそのまま使うほうがいいと思いますのでフィッティングのみです。計測したデータを正しく読み取って、ミスヒットがでたらその原因を探ることで今後の練習にも活かしていけると思います。

最新記事

すべて表示

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com