認識違い

アイアンフィッティングのお客様。



まず、その方の計測データ。


ほぼ、同じようなスイングですが、これはミスヒットの打球データです。



右にすっぽ抜ける分かり易いデータなんですが、『右に飛ぶ=アウトサイドイン軌道』という認識をされていたようです。しっかりと計測データを説明して、右に飛ぶミスの原因もしっかりとご理解いただけたと思います。



客観的なデータを見ることでミスの原因もハッキリわかります。もし、今回計測していなければ、ミスを減らすため間違った方向にいくところでした。現状のクラブをそのまま使うほうがいいと思いますのでフィッティングのみです。計測したデータを正しく読み取って、ミスヒットがでたらその原因を探ることで今後の練習にも活かしていけると思います。

最新記事

すべて表示

オーバースペック、アンダースペックのクラブ

多くの方のクラブを実際に手に取って拝見します。手に取っての感覚だけでなく、重量など、いくつかは計測してお話することも多々あります。 ゴルフの楽しみ方や頻度だったり、その方のフィジカル面、といっても大げさな話ではなく、体力やスポーツ歴、場合によってはケガをした経緯があるのかどうか、など会話をしながらヒアリングもしていきます。(あ、極力自然に、を心がけて(;'∀')) そこで一つの参考になるかもしれな

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策