FP値の変化

久しぶりの投稿になってしまいました。新型ウィルス感染症の拡大も落ち着き始めている様子ですが、まだまだ各業界とも厳しい状況のようですね…



ブログの引っ越しということもあり、過去の記事からいろいろ再アップしようとして記事を更新しています。



今回は『FP値によるロフト変化』を検証した、という内容です。



あるメーカーでは『FP値が2ミリ変化するとダイナミックロフトが4度変わる』というものでアイアンのFP値違いを0、-2、+2とFP値違いのモデルを製作したというもの。



この時点で??と思ったので3名のプレイヤーと各FP値違いのモデルを計測し、詳細なデータをとってみました。詳細というからにはGEARSを使って1/24秒単位の検証を行い、ダイナミックロフトの変化を検証したものです。



その結果、4/100°から8/100°(0.04°から0.08°)程度のダイナミックロフトの変化は確かにありましたが、『4°変化する』という点には程遠いものがありました。



プロレベルの方とアベレージゴルファーで比べてもみましたが、ご想像の通り、アベレージゴルファーでは同一クラブでもダイナミックロフトがすぐに2度近く変化してしまうこともあります。



もちろん検証データは同じようなアタックアングル、パス、フェイスアングルなどを抽出して検証していきました。



このことからも『FP値の違いで4°のダイナミックロフトが変化する』というのは全く成り立たないのではないか、という結論に達しました。



もちろん、ロボットを使って毎回同じスイングをしたわけではありません。ただ、実際にゴルフをするのはロボットではなく、人間なので、このデータが物理的に正しいとも思えませんが、実際のゴルフではどうかという観点からは現実的なデータがとれたかと思います。



『FP値を変化 → ロフト変化 → 飛ばす』というロジックではなく、『番手を上げて飛ばす』でいいと思っています。



最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

どうしても気になった動画

シャフト選びについて解説されている動画を見てました。以下はその中から気になったこと。 その1 スピン量について、元調子シャフトはスピン量が減って、先調子シャフトはその逆、と。そうかもしれませんがすべてそうではない、という説明が必要ですね。だってスピン量はスピンロフトで決まるわけですから。 その2 ほかにも気なる表現が。ボール回転の説明において、サイドスピンという表現はいい加減やめたほうがいいともい

ラウンドレッスンで気づくこと

先日、雨のなかお客様とラウンドレッスンに行ってきました。 そう、雨です。 しかも、なかなかの雨量。。 予報は一日中雨。。。 中止も考えられましたが、せっかく予定も調整して、雨のゴルフもないわけではないので予定通り実施しました。朝からレインウェアフル装備のゴルフは久しぶりでした。 そんな雨のなかのプレーは少し気づかされることもありました。 まず、朝一番のティーショット。いつも『前に行ってくれたらOK

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com