FP値の変化

久しぶりの投稿になってしまいました。新型ウィルス感染症の拡大も落ち着き始めている様子ですが、まだまだ各業界とも厳しい状況のようですね…



ブログの引っ越しということもあり、過去の記事からいろいろ再アップしようとして記事を更新しています。



今回は『FP値によるロフト変化』を検証した、という内容です。



あるメーカーでは『FP値が2ミリ変化するとダイナミックロフトが4度変わる』というものでアイアンのFP値違いを0、-2、+2とFP値違いのモデルを製作したというもの。



この時点で??と思ったので3名のプレイヤーと各FP値違いのモデルを計測し、詳細なデータをとってみました。詳細というからにはGEARSを使って1/24秒単位の検証を行い、ダイナミックロフトの変化を検証したものです。



その結果、4/100°から8/100°(0.04°から0.08°)程度のダイナミックロフトの変化は確かにありましたが、『4°変化する』という点には程遠いものがありました。



プロレベルの方とアベレージゴルファーで比べてもみましたが、ご想像の通り、アベレージゴルファーでは同一クラブでもダイナミックロフトがすぐに2度近く変化してしまうこともあります。



もちろん検証データは同じようなアタックアングル、パス、フェイスアングルなどを抽出して検証していきました。



このことからも『FP値の違いで4°のダイナミックロフトが変化する』というのは全く成り立たないのではないか、という結論に達しました。



もちろん、ロボットを使って毎回同じスイングをしたわけではありません。ただ、実際にゴルフをするのはロボットではなく、人間なので、このデータが物理的に正しいとも思えませんが、実際のゴルフではどうかという観点からは現実的なデータがとれたかと思います。



『FP値を変化 → ロフト変化 → 飛ばす』というロジックではなく、『番手を上げて飛ばす』でいいと思っています。



最新記事

すべて表示

ゴルフブームというけれど

コロナ感染症の蔓延によってゴルフが見直され、夜の宴会が少なくなったこともあるかどうかは別として、ゴルフを始めてみようという人が増えているといいます。 確かに練習場は朝から晩まで多くの人でにぎわい、一部のメンバーシップコースを除いては多くのプレーヤーでにぎわっていますね。この記事を読んでいる多くの方もゴルファーが多いかもしれません。 ところが 先日20代後半のお客様とお話していたとき、「会社の同年代

ボールの行方はすべての結果

ボールが飛ばない、曲がる、上がらない、止まらない・・・ ゴルフをやっていくうちに、ほかの人と比べてたり、ゴルフを深く理解していくと自分が打つボールに不満が出てくることもあります。 特に、曲がることについてしっかり理解する必要があるとおもいます。 「スライスするからカット軌道(アウトサイドからインサイドへ)フックするからその逆。」 という単純なものではありません。 スイング軌道だけで考えると全く逆の