top of page

UTのヘッドとシャフト

先日、UTのシャフトについてご相談をいただきました。



「現在のシャフトが柔らかくて、そのクラブだけ加減してスイングしないと打てない」ということでした。



たしかに、ほかのクラブからするとシャフトも比較的軽くなっていました。なのでお持ちのシャフトがあるので入れ替えてほしいとのご要望でした。ところが、シャフトはウッド径、ホーゼルはアイアン径・・・



「ん?何?どーゆーこと?」とお客様。



確かに分かりにくいですね。



一般的にドライバーからフェアウェイウッドなどのシャフトはヘッドに挿入する細いほうの直径が8.5ミリほど。それに対し、アイアンは9.3ミリと違いがあるのです。なので同じような番手(たとえば4番UTと7番ウッド)なら簡単にリシャフトできるだろう、と思ってしまいがちですが、実は大きな違いがあるので気を付けてください。



直径が違うものを組むと抜けてしまうリスクも多いのでお断りします。アイアン用を細くして挿すということもしません。剛性が落ちて折れることがあるかもしれませんから。



持ち込みクラブの作業も承りますが、できるかできないか、は実際に見せていただかないとわかりませんのでその点はご理解ください。

最新記事

すべて表示

年末年始のお知らせ

2023年も残すところ数日となりました 今年も多くのお客様、常連様だけでなく初めましての方も本当にたくさん来てくださいました こうして毎年、無事に新しい年を迎えようとしているのも、皆さまのおかげです ありがとうございます 年内の通常営業は今日、26日が最終となりますが、27日、28日までお預かりクラブのお返しなど短時間ですが営業しています 来年は5日金曜日から通常通り営業いたします 2024年もど

夏季休業のお知らせ

いつもありがとうございます 今月8月は以下の通りお休みをいただきます 8/13(日) ~ 17(木) 各種お問い合わせはいつでも受付中ですがレスポンスは悪くなるかもしれません💦 どうぞよろしくお願いいたします

Comments


bottom of page