UTのヘッドとシャフト

先日、UTのシャフトについてご相談をいただきました。



「現在のシャフトが柔らかくて、そのクラブだけ加減してスイングしないと打てない」ということでした。



たしかに、ほかのクラブからするとシャフトも比較的軽くなっていました。なのでお持ちのシャフトがあるので入れ替えてほしいとのご要望でした。ところが、シャフトはウッド径、ホーゼルはアイアン径・・・



「ん?何?どーゆーこと?」とお客様。



確かに分かりにくいですね。



一般的にドライバーからフェアウェイウッドなどのシャフトはヘッドに挿入する細いほうの直径が8.5ミリほど。それに対し、アイアンは9.3ミリと違いがあるのです。なので同じような番手(たとえば4番UTと7番ウッド)なら簡単にリシャフトできるだろう、と思ってしまいがちですが、実は大きな違いがあるので気を付けてください。



直径が違うものを組むと抜けてしまうリスクも多いのでお断りします。アイアン用を細くして挿すということもしません。剛性が落ちて折れることがあるかもしれませんから。



持ち込みクラブの作業も承りますが、できるかできないか、は実際に見せていただかないとわかりませんのでその点はご理解ください。

最新記事

すべて表示

飛球理論の「D-Plane徹底解説」という動画があったのでちょっと観ました。 ちょ…全世界に配信されるので、もう少しちゃんとしたほうがいいんじゃないかな… 一番大切なクラブパス(Club Path)については何の言及もなくて…H-PlaneとPathとAoAの関係があやふやすぎて…スピン軸のことも… 久しぶりにヒドイものを観てしまいました…(-_-;)

先日はラウンドレッスに同行させて頂きました。というより、レッスンもしっかりして頂きましたので私の感じたことを備忘録的に記事にします(誰も興味ないと思うので、読まなくてもいいです)。 久しぶりのラウンドだったため、できることを無理せず集中しよう、と自分なりのテーマを持ってスタートしていきました。 とはいえ、なかなかうまくいかず、バーディも取れたものの後半はセカンドショット以降がまとまらず、バタバタし