D-Plane

D-Planeです。何度か過去のブログで関連記事も掲載してきましたが、ブログ引っ越し、ということで改めて。



業界経験のない私が5年以上前、初めに学んだのがD-Planeです。



6,7年前では日本ではあまりメジャーではなかったようですが、アメリカでは当たり前の考え方でした。今では多くのサイトで紹介されて、多くの人が知っていることですが、ゴルファーならぜひ知っておきたい知識です。



簡単に言うと『ボールが曲がる理由』です。それを事細かに物理で説明し、プロのトッププレーヤーでもゴルフ初心者でも共通していることだからです。



当店やGOLFLABのグループが弾道測定器のFlightScope(フライトスコープ)を使っているのは測定結果をD-Planeに基づいて弾道イメージを表示してくれるからです。



それによって得られたデータを分析して、シャフトやヘッド、ドライバーではロフトの設定などを選択してお勧めのクラブをご提案しているのです。



D-Planeが理解できていなければ、どんなクラブを使ったらいいのかなんて根拠をもって説明できません。



ただ、D-Planeも完璧な理論でないことも明確なので、それは日々研究されているようですし、いずれ可視化されることになると思います。



下の画像はD-Planeを可視化したもので、スイングプレーンだけの話ではありません。スイングプレーンとクラブパスの違いが分からないと説明つきません。パスとプレーンは全然違うものです。説明しだすと論文のようになってきますのでここでは説明しませんが、詳しい方にぜひ聞いてみてください。そうするとこのD-Planeでどうすれば曲がらないボールが打てるのか、曲げるためにはどうすればいいのかがよく分かります。ボールはその結果の通り飛んでいきますので、理解してしまえば練習場で計測器使うことなく練習ができます。



最新記事

すべて表示

ゴルフ上達する人とそうでない人

コーチングしているプロに聞きました。 上達する(のが早い)人 そうでない(上達するのに時間のかかる)人です。 『上達する人』と『上達しない人』ではありません。 まず、大きな違いはやはり『日々の練習』だそうです。それと、ラウンドした時にどれだけほかのプレーヤーのプレーを見ている(観察している)かだそうです。 日々の練習はレッスンで改善していきたい動きを踏まえた毎日簡単にできるドリルのようなものだった

気を付けていること

フィッティングの入口で気を付けていることがあります。 現状を計測している段階で、イメージ通りの球筋なのか、イメージとは違う球筋なのか、を確認することです。 イメージ通りの球筋であればいいのですが、計測結果が仮にナイスボールだとしても、ご本人が『いや、違うねん。逆球やねん』となれば話は変わってきます。 イメージ通りの球筋のなかで改善点を見つけていくのか、逆球が多いからそれを修正していくのか、では対策

理論的なのに

先日、あるミスショットについてなぜ起こるのか、なぜそうなるのか、を飛球理論に当てはめて検証している記事を見ました。(一部は誤解を生む様な表現だったりしましたが) 確かに飛球理論に当てはめているのですが、その解決策として説明されていたのが、『下半身リード』や『グリップが…』など『スイングの基本的なこと』の様な記事になっていました。 テーマとして取り上げられていたミスショット、それを毎回打ってる人は見

  • Twitter

©2019 by GOLF LAB Gripping Station. Proudly created with Wix.com